仏像

本尊不動明王(桂昌院寄進)

本尊不動明王(桂昌院寄進)
桂昌院によって寄進された不動明王 
5年前に修復。それまでは来歴不明でしたか、今回の修復事業で不動明王の内部壁面に「綱吉公儀母桂昌院寄進之」と書かれていたのが確認でき、桂昌院による寄進であることが判明しました。

五大明王(桂昌院寄進)

本尊を除く残りの四明王は、現在富山県にて修復中です。今回の修復で、内刳(うちぐり・内部の空洞)に桂昌院寄進の墨書が確認でき、桂昌院の寄進であることが新たに判明しました。


■大威徳明王


■金剛夜叉明王


■軍荼利明王


■降三世明王

三十六童子(桂昌院寄進)

桂昌院寄進

不動明王に代わり、直接私たちを救ってくださる童子です。現在までに14体が修復を終え戻られました。

令和の大修復

五大明王破損が激しいため、現在、関侊雲(せきこううん)仏所にて修復中です。3〜4ヶ月に一体ずつ戻られる予定です。

現在、多くの方々のご支援により修復が進められています。
ご支援にご興味ございましたら、直接お寺にお申し込みいただくか、「修復支援ページ」からでもご支援いただけます。修復支援していただけました方には、仏像の胎内にご自身の手書きの「願い文」を納入することができます。詳しくは「修復支援ページ」をご覧ください。

修復中の童子

修復中の童子
組み合わされ修復を待つ童子様
修復中の童子
このようにパーツごとにバラバラの状態でした

修復を指揮する関侊雲仏師

修復を指揮する関侊雲仏師

修復の過程

1洗浄
2欠損部補修
3和紙貼り
4胡粉(貝の粉)塗り
5彩色
6金箔押し
修復を指揮する関侊雲仏師
修復を担う関侊雲仏所の所員